photo01 photo02 photo03

imageおすすめの生命保険を探す方法

image

生命保険にはいろいろな種類のものが存在します。しかし大きく分けると貯蓄型保険と掛捨て型保険の2つになります。貯蓄型保険とは支払った保険金が満期を迎えると返金されるもので、利息も含めると多少多めの額のお金が最終的には返ってきます。サービス的には終身保険や養老保険、それに個人年金などがそれに相当します。それと比べ掛捨て型保険とは支払い済みの保険料が見返りがないタイプの生命保険のことをいいます。


貯蓄型保険のメリットはやはり満期を迎えた保険金が帰ってくること、また利息がつくことでしょう。確かに近年の利率はそれほどよくはありません。しかし少しでもお金を増やす目的も兼ね生命保険に加入したいというのであれば、貯蓄型保険に加入するのがよいです。中には銀行預金は即座にお金を引き出せてしまうので利息などがあまりつかないものの、貯蓄型保険は満期を迎えなければ、お金が戻ってこないため自由に引き出すことができず、だからこそ利息が銀行預金よりもたくさんつくと考えている人もいます。


その一方で掛け捨て型保険のメリットは月々の支払いが少なくて済むことです。生命保険に加入したいけど、貯蓄型保険は毎月の支払いが大きいために不可能であるという人がいます。そういった人でも掛け捨て型保険であるなら入ることが可能かもしれません。商品によりこの2つの生命保険の差額が数万円にも達します。

そのため支払った保険金が返金されることはありませんが、毎月の保険料の支払いを安い価格で済ませることを主に考えておられる人はこちらのタイプの生命保険を選定することができます。

当然ですが支払ったお金が満期を迎えると返金される貯蓄型保険のほうがお得みたいに感じます。ただ掛け捨て型保険にもメリットがあり、自分のバックグラウンドや保険商品によって適したものを選択できます。とにかく生命保険会社はいろいろな商品を販売しており、項目の選び方次第で保険料を抑えることができますので事前にリサーチすることが大変重要です。